結婚にはギブ&テイクの関係が必要なのです

2019年09月26日(木)

東京・江東区の結婚相談所ブライダルサロンKOKORO水上薫です。

 

 

まだまだ残暑が厳しい日が続きますね。風邪をひいたり、体調をくずされているかたも多いようです。お気をつけくださいね。

 

 

ブライダルサロンKOKOROでは、会員の方が交際しているお相手相談所のカウンセラーと交際報告の共有や会員の方の気持ちの共有など、マメにご連絡をとらせていただいております。これは、会員の方をご成婚までナビゲートするにはとても大切なことなのです。

 

 

 

先日、交際中のお相手相談所のカウンセラーさんとのお話のなかで、お相手に対して「感謝の気持ちをきちんと伝える」という話題になりました。これは、私がブログでも書かせていただいておりますし、会員のかたにもいつも言ってることです。

 

 

 

ただ意外と出来てないかたが多いようです。例えば、男性がお食事をご馳走してくださったり、多めにお会計をしてくださることがあるかと思います。でも、これって当然ではないのですよね。

 

 

 

交際が深まっていくと、出してもらって当たりまえ。もしくは御礼が軽くなりがちになるのかなと思います。男性はしっかり気づいていますよ。もしかしたら「男性がお支払いするのが当然」という気持ちが心の底にあるかもしれません。でもその横柄な気持ちが根底にある限り、結局どなたからも選ばれないんです。

 

 

 

男性にとっては、お金を出したという金銭面の問題ではないのです。そのように振る舞う人と気持ちの面でギブ&テイクの関係が築くことができるのかと考えてしまうのです。当然ですよね?

 

 

 

もちろん女性側が全く感謝していないということはないと思います。ただ男性側には、感謝の気持ちが伝わっていないというのが問題なのです。感謝の気持ちに限らず、気持ちはきちんとお相手に伝わるように示さないと意味がありません

 

 

 

ハイスペックな男性であればあるほど、女性に対する要求も高いです。ただ気が合うとか会って楽しいと思うだけでは、結婚には踏み切りません。プラスアルファの部分にこだわります。

 

 

 

男性だってギブばかりでは嫌になります。20代は若くて可愛いは、何よりも武器になります。でも30代以上の女性はそのプラスアルファの部分が自分は何なのか?をよく考えてみてください。

 

 

 

そのことを自分自身で気づき意識できるかどうかであなたが「ご成婚できるかどうか」が決まります。それがわからないまま婚活を続けても永遠に、ご成婚には至らないかもしれません。

 

 

あなたは、お相手に何をしてあげられますか?

あなたと結婚するメリットはなんですか?

 

 

一緒に考えていきましょう。

 

 

これから、年末にかけては婚活のゴールデン期間です。1年で最も婚活市場が盛り上がりを見せる時期なのです。すでに、数週間先のお見合い場所の確保に苦労するくらい、たくさんのお見合いが組まれています。

 

 

ぜひあなたも令和元年のクリスマスをパートナーと一緒にすごしませんか?

お気軽に無料カウンセリングをお申込みください。

 

お申込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

  |