【ご成婚報告】33歳女性会員様と36歳男性

2020年01月22日(水)

東京・江東区の結婚相談所ブライダルサロンKOKORO水上です。

 

12月24日のクリスマスイヴにホテルの最上階のレストランにて2人で選んだ婚約ともにプロポーズを受けた女性会員Hさん(スタイリスト)33歳とお相手男性(会社員)36歳のご成婚報告です。

 

 

活動を始められたのが4月。

思い返せば、山あり谷ありの活動でした。職業柄、平日固定休み、土日休みは一切なしの決して婚活をするにあたり条件が良いとは言えないなか、平日夜のお見合いで頑張りました。

 

彼女は、明るくてコミュニケーションをとるのが上手なので、お見合いをすると「お断り」はほとんどなく、交際は成立しました。ただお互いの休みが合わないので、交際が成立してもデートの時間を確保することが難しいのです。

 

活動を始めて3か月位で、交際していたお相手から真剣交際のお申し出をいただきました。でも悩んだ末に、そのお申し出を「お断り」しました。

 

そこから彼女の婚活へのモチベーションが下がってしまい「結婚なんてしなくていいかも」と思い始めてしまったのです。ご成婚が決まったあとに伺ったお話ですが、この時、周囲には「私、もう結婚なんてしなくていい」と宣言したそうです。

 

そして、8月下旬にとうとう休会のお申し出をいただきました。(この時、半分は退会のお気持ちだったそうです)

 

私は、10月からの休会は承知しました。でも、「休会の前に、この方たちだけ会ってみて」と彼女に合いそうなかたを数人ご紹介しました。その男性のなかに、運命のお相手がいたのです。

 

もうこれは運命としかいいようがありません。

 

そして9月にお見合いをしました。お見合い直後に「とても話が合い楽しかったので、交際希望でお願いします」とご連絡をいただきました。(ご成婚が決まってから伺ったお話ですが、休会するという気持ちでいっぱいだったので、実はお見合いの日は、ワンピースにコンバースのスニーカー!!で行ったそうです。)

 

ファーストコールでも長電話をして最初からすごくお話があったそうです。この時点で、10月から休会の撤回のご連絡もいただきました。

 

そしてなんとお見合いから1ヵ月経たずに、真剣交際へ。

 

実は、お相手と彼女は、奇跡的にお互い平日休みで、そのお休みの日も一緒だったのです。

 

真剣交際に入ってからは、2人とも結婚を意識してより仲を深めていき、迷いはなかったようです。お見合いから2か月後には、一緒に婚約指輪を選び購入していました。

 

プロポーズは、12月24日のクリスマスイヴに婚約指輪と一緒にとお2人で決めていたので、交際期間は約3か月となりましたが、プロポーズまでに、お2人のご両親へのご挨拶も済ませていて、結婚への準備は万端でした。

 

 

たくさん悩み、お電話で何時間も話した日々が今となっては懐かしく思います。幸せそうな笑顔のHさんを見て、人それぞれやっぱり運命の人は存在するんだなと改めて思いました。

 

ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せにね!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

Hさんのご成婚アンケートはこちら

 

 

 

 

 

 

  |